日本のパチンコ店

パチンコは日本発祥の機械ゲームです。レクリエーションアーケードゲームとしてよく使用され、ギャンブルデバイスでもあります。パチンコは主に日本にあり、一般的にスロットマシンに関連付けられています。ほとんどの場合、これらのマシンは従来のカジノスロットと同様に動作します。

日本では現金で遊ぶことは違法ですが、パチンコギャンブルを可能にする法的な抜け穴があります。法律では、プレーヤーはゲームの勝ったボールをパーラーでお金と交換したり、プレー面から持ち去ったりすることはできないと定められています。

ただし、プレイヤーはこれらのトークンを指定された「特別賞」ベンダーに合法的に交換し、ベンダーはそれらを別のベンダーに現金で転売することができます。この方法は、ほとんどの場合法的な慣行である「キャッシュバック」の概念と非常によく似ています。

日本のパチンコ店

それはどのように始まったのですか?

ゲームはまた、州に雇用をもたらしました。 1999年の日本のパチンコ店の総売上高は30兆ドルでした。これらの施設は約33万人を雇用しました。

オンラインギャンブルのグレーマーケットの性質とそれがもたらした利益により、ヤクザを含む多くの個人が犯罪活動に関与するようになりました。州は1920年代に最初にパチンコゲームを導入しました。当初はアメリカの「コリンシアゲーム」にちなんで名付けられたおもちゃのゲームでした。パチンコは1930年に名古屋で大人の娯楽として始まりました。その後、州が多くの施設を開設した1940年代に再び人気を博しました。

第二次世界大戦中に日本が台湾を占領したため、この国には多くのパチンコ店があります。これらの施設は主に韓国人によって所有されていました。 1980年代以前は、パチンコ機は機械装置を使用してさまざまな動作状態を示していました。彼らは問題を示すために電気を使うだけでした。

フリッパーを使用してボールを発射することは、ストリングを特定のレベルまで引き下げることを伴うため、非常に簡単でした。

1970年代と1980年代に販売されていたパチンコ機のほとんどは、製造された時期が原因で時代遅れになりました。

プログラムはそれをより面白くするアニメーションで設計されています。最初に、マシンで回転した文字が画面に表示されます。これらはリーチおよびスーパーリーチと呼ばれます。巨大なジャックポットでの各ラウンドのペイアウトモード。各ゲームは、マシンの下部に開く大きなペイアウトゲートから始まります。プレーヤーは勝つためにそれにボールを撃たなければなりません。

リーチは、プレイヤーが特定の数のコインに到達しようとするスロットゲームです。各パチンコ店には、さまざまな種類の大当たりがあります。

パチンコは新しいトレンドです。

パチンコは全国どこでも見られます。日本だけでなく、さまざまな州で人気があります。ゲームの目的は、大きな大当たりを勝ち取ることではないかもしれません。しかし、賞品とゲームの構造はすべてのエンターテイナーに適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.